045-264-6590
CLOSE

SYMPTOM

腹痛 ~原因は多岐に渡ります~

腹痛、非常にありふれた症状の一つです。一言に腹痛と言っても原因は多岐に渡ります。というのも腹部には沢山の臓器が詰まっている上、それぞれの臓器にいろいろな病気があり得るためです。腹痛の原因を考える場合、いくつかの軸を用いて腹痛をとらえることで、原因検索の助けになる事があります。

①痛みのある部位

②随伴症状(腹痛以外の症状)の有無

③痛みの種類と時間経過

今回の記事ですべての腹痛を網羅することはできませんが、まずは各軸で腹痛をとらえてみましょう。

①痛みのある部位

こちらの図をご覧ください。私の場合、腹痛の患者さんがいらっしゃるとおおむね腹部を9か所に分割して原因を検索します。

右上腹部(右季肋部):肝臓や胆のうがあります。肝臓にできものがあったり、肝臓自体が腫れて大きくなったり、胆のう炎、胆石などのがあればこの部位に自発的な痛みがでたり、押したときの痛み(圧痛)が出現します。

心窩部(みぞおち):胃があるあたりです。大動脈もあるため、誰でも押されれば不快感はありますが、この部位が痛い場合は胃痛の可能性を考えます。

左上腹部(左季肋部):脾臓や下行結腸(大腸)があります。

右側腹部:上行結腸があります。大腸の口側です。大腸全体にいえることですが、大腸の一部が飛び出したような憩室は大腸のどこにでもできます。この憩室に炎症がおこるのが憩室炎です。上行結腸の憩室炎では側腹部が痛くなる可能性があります。他にも右の尿管の尿路結石では右側腹部痛をきたすことがあります。

臍(へそ)周囲:心窩部~臍周囲は大動脈の周りにある内臓の神経が集まる部位です。よって、内臓の痛みはどこに原因があってもこのあたりの痛みとして出現することがあります。よって、臍回りの痛み、だけでは原因を想定することは中々難しいのが現実です。

左側腹部:下行結腸があります。大腸がお腹の周りを一周し、出口に向け下降していく部分です。

右下腹部:いわゆる盲腸で痛くなる部分です。小腸が大腸に繋がっていく部分を回盲部と呼びます。(回腸という小腸と盲腸がつながるため回盲部)この盲腸にピロっと盲端の腸管がついていますが、これが虫垂です。巷でいう“盲腸”は本当は虫垂炎のことです。他にも回盲部炎という病気もあり、右下腹部に痛みが出現します。

下腹部:膀胱や女性の場合は子宮が位置するのが下腹部です。よって下腹部痛の場合は性別により考える疾患が大きく変わります。

左下腹部:S状結腸があります。便が排泄される前に貯留している場所でもあり、便秘で痛むことが多い部分かもしれません。また、やはり排便時に圧がかかりやすいため憩室ができやすい部分でもあります。憩室炎や虚血性腸炎(高齢者に多い大腸の病気です)が起こりやすい部分です。

 

②随伴症状

腹痛以外の症状を確認することも原因検索に非常に重要です。

*発熱:腹痛に発熱が加わる場合、何らかの感染や炎症による疾患が考えられます。

Ex)胆のう炎、感染性腸炎、虫垂炎、憩室炎、膵炎、腹膜炎、腎盂炎等々多岐に渡ります

*嘔吐、下痢:腹痛に嘔吐や下痢が加わる場合、やはりメインの原因は腸にあることが多くなります。Ex)アニサキス症、感染性腸炎、食中毒、虫垂炎、憩室炎、腸閉塞

*黄疸:血液中のビリルビンという物質の濃度が上昇すると白目が黄色くなるなど黄疸の症状が出現します。肝臓や胆のう、胆道の疾患でビリルビンの代謝が滞ったり、排泄不足が起こり、血液中のビリルビンが上昇、黄疸を起こすことがあります。

Ex)肝炎、胆管炎、胆石性膵炎等

*吐血:腹痛+吐血 もはや悠長にブログを読んでいる暇はないと思われますが、吐血がある場合、食道~胃、十二指腸までのどこかで出血していることが考えられます。早急に胃カメラができる病院に行く必要があります。

Ex)マロリー・ワイス(Mallory-Weiss)症候群(頻回嘔吐に伴い食道粘膜が切れてしまう)

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、食道静脈瘤破裂

*下血:細かくは分類しませんが、便が真っ黒(下血)や真っ赤(鮮血便)を伴う場合、食道~大腸までどこかで出血があることが示唆されます。これもまた準緊急の事態です。早期に消化器内科受診が必要です。

Ex)マロリー・ワイス(Mallory-Weiss)症候群、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、小腸出血、憩室出血、虚血性腸炎、腸結核など

*呼吸苦や胸痛:腹痛というより心窩部痛(みぞおちの痛み)の場合、実は心臓の痛みであった、という場合があります。いわゆる心筋梗塞や狭心症です。

 

③時間経過

痛みが出るまでの時間や痛みのパターンも原因検索に役立つことがあります。

痛みが突然起こる場合

→何時何分から痛い、と分単位で分かるほどの経過で発症した腹痛は通常炎症疾患などでは起こらず、血管の病気の可能性があります。血栓が腸を栄養する動脈に詰まったり、動脈解離など、血管の疾患を念頭に検査を進める必要があります。

医師をも惑わせる突然の激痛を訴える意外な疾患は尿路結石です。背中の痛みを訴えることもありますが、突然の腹痛で破傷する場合もあります。

 

徐々に痛みが出てくる場合

→内臓の痛みは部位の特定が難しく、なんとなく腹痛があるかな?と思っていたらどんどん痛みが悪化した、という経過をとることが多いです。

 

痛みに波がある場合

→腸管や尿路は蠕動運動と言って、定期的に収縮を繰り返す特徴があります。尿路結石や腸の閉塞疾患がある場合、その蠕動運動に合わせてひどい痛みと軽快を繰り返す場合があります。

 

腹痛にかかわるブログ記事の紹介

*虫垂炎(盲腸)

*食中毒

*憩室炎

まとめ

腹痛を一つの記事で網羅するのは不可能であるため、完全に独断と偏見に基づいた見解を記載させていただきました。おおむね腹痛患者さんにはこういう流れで考えながら診療を行っています、ということを紹介した形です。

腹痛、非常によくある症状ですが原因は多岐に渡ります。

不安な症状がある場合は気軽にお問合せください

ページトップへ