045-264-6590
CLOSE

DISEASE_NAME

膀胱炎(急性単純性膀胱炎) 

膀胱炎、なったことがある方はわかると思いますが、とにかく不快な症状がつらい疾患の一つです。下腹部の違和感や常にトイレに行きたいようなむずむずした感覚があり、排尿時の痛み、血尿をきたす事もある尿路感染症の一つです。圧倒的に女性の患者さんが多いのも特徴です。今回は膀胱炎について記載します。

*膀胱炎とは?

*原因は?

*検査は?

*治療は?

*予防は?

*まとめ

*膀胱炎とは?

膀胱炎とは読んで字の如く、膀胱に炎症が起こった状態でほとんどの場合は尿道から上がってきた細菌(特に大腸菌)による感染症です。女性に多い感染症ですが、それは解剖学的に尿道が短かったり、肛門と尿道口が近いことが原因です。女性の場合、若年者(20-30歳代)と高齢者に多く見られます。また、例えば妊婦さんは子宮が大きくなることで排尿後も膀胱を空っぽにすることが難しくなるため、膀胱炎のリスクがあがります。高齢者の場合はエストロゲンの減少とともに膣内の細菌叢が変化し、尿路感染症のリスクがあがると言われています。

男性が膀胱炎になることは女性に比べ稀です。原因も尿路を逆行した細菌によるものより、前立腺炎など前立腺の感染が波及する場合が多く、治療に難渋することが少なくありません。当院では男性の尿路感染を疑う場合は早めに総合病院泌尿器科の紹介を検討します。

また、感染がないにも関わらず膀胱に炎症が起こってしまうこともあります。間質性膀胱炎という疾患ですが、感染による膀胱炎に比べより稀な膀胱炎です。

*症状は?

膀胱に炎症が起こるため、排尿に関連した様々な症状が起こります。

①頻尿:炎症により膀胱が常に刺激されるため、尿がたまっていなくても尿意を催し、結果としてトイレの回数が増えてしまいます。

②尿意切迫:急に強い尿意に襲われます

③排尿時の焼けるような違和感や痛み

④血尿や混濁尿

※膀胱炎のみでは発熱はないことが多く、もしこれらの症状に加え発熱や背部の痛みがあれば、もっと上流の尿路の感染症、すなわち急性腎盂腎炎を疑う必要があります。

*検査は?

まずは症状やその経過が一番重要な情報となります。女性の膀胱炎であればそれだけでおおむね診断がつくことも多くあります。膀胱炎を疑って検査をする場合、まずは尿検査が基本です。尿に細菌がいるか、免疫細胞である白血球がいるか、細菌が放出する亜硝酸塩という物質が存在するかを確認します。さらに尿を培養検査(細菌が好む温度・環境で尿を保存することで尿中の細菌を増やし、同定する検査)に出すことで原因となっている細菌を同定することができる場合もあります。女性の典型的な膀胱炎であれば症状とこれらの簡単な検査だけで診断をつけ、治療に進むことが多くなります。

一方、通常膀胱炎をおこしづらい小児や年齢を問わず男性、尿路感染を繰り返す患者さんの場合はさらに追加の検査が必要になります。尿路に何らかの異常がないかを確認するため、CT検査や超音波検査、尿路の造影検査(胃のバリウム検査のように尿路を目立させて写真を撮る検査です)が選択されます。

 

*治療は?

症状の軽い膀胱炎は水分をしっかり、多めに摂取して尿を我慢しないようにすれば必ずしもお薬による治療をしなくても治ってしまうことがあります。細菌の感染症であるため、抗生物質を使用する場合もあります。尿路に異常のない女性の膀胱炎であれば3日程度の抗生剤内服で治療が可能です。 Ex)バクタ4錠分2 3日間

一方男性の場合は前立腺炎が背景にある場合も多く、前立腺は抗生剤が届きづらいことも考慮して7-10日程度の抗生剤治療を要します。

その他膀胱炎を契機により上流の尿路感染症である急性腎盂腎炎をきたすなど、症状の悪化を示唆する所見があれば、点滴による抗生剤の投与や原因そのものに対する治療が必要となります。

*予防は?

膀胱炎を完全に予防することは難しいものですが、以下のことに注意し、尿路を清潔に保つことは可能です。

①排尿を我慢しすぎない:膀胱内に尿がたまった状態では当然細菌は繁殖しやすくなります。適切なタイミングで排尿することが必要です。

②排便後の拭く方向は前から後ろとする

③水分を十分摂取する:尿量が減ってしまえば細菌を洗いながす機会も減るため、適切な水分補給が重要です。

④清潔な下着を使用する

気になる症状がある場合はあまり我慢せず、早めにかかりつけの内科、泌尿器科で相談することが重要です。

特に女性の急性単純性性膀胱炎であれば必ずしも尿路の専門科である泌尿器科でなく、一般内科でも診療可能です。

*まとめ

膀胱炎、女性の2人に1人は罹患することがあるともいわれるありふれた疾患ですが、常にトイレに行きたい感覚があるなど、日常生活への支障も少なくない困った病気です。

疑う症状がある場合は気軽にかかりつけの内科や泌尿器科での相談をお勧めします。一説にはクランベリージュースが膀胱炎予防に効果があると言われますが、確実なエビデンスがあるわけではないようです。そもそも日本でクランベリージュースをなかなか見かけませんが・・やはり外陰部を清潔に保ち、十分な水分摂取をしつつ適切なタイミングでの排尿を心がけることが重要です。当院でも月数人は膀胱炎患者さんを診療しています。お困りの症状があれば気軽にお問合せください。

ページトップへ