ソージュ山下町内科クリニック

お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel.045-264-6590

ブログ

Blog

花粉症~原因~

花粉症の季節が近づいてきました・・スギ花粉症をお持ちの方はそろそろ症状もあるかもしれません。

ただし、今年の飛散量は例年に比較して少な目、という予報もありますのでもしかしたら症状がひどくなりづらい方もいるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

日本気象協会 花粉飛散情報より

鼻汁、頭重感、目のかゆみなど命に関わるわけではないものの、生活の質を著しく下げてしまう花粉症、まずはそのメカニズムを確認しましょう。

花粉症とは?

ずばり、花粉に対するアレルギー反応です。季節になると目に見えない花粉が空気中を飛び回ります。その花粉が鼻の粘膜や目の粘膜に付着をします。すると、身体は花粉を異物であると判断し、免疫細胞(特にMAST細胞(マスト細胞))が活発に反応します。MAST細胞は自分の細胞の中にある顆粒からかゆみや鼻汁を引き起こすヒスタミンなどの物質を放出します。その物質に対する反応として鼻汁、鼻詰まり、くしゃみ、目のかゆみ、目の充血、皮膚のかゆみなど様々な症状が起こってきます。

身体としてはとにかく異物である花粉を体外に出してしまいたい、というのが反応の目的です。鼻水やくしゃみ、涙で花粉を外に出してしまおうとしているわけです。

  *もう少し細かい解説!

身体の重要な機能として自分自身と異物をしっかり見分けて、異物はできる限り排除する、というものがあります。

間違って自分自身を異物、敵と判断した場合自己免疫疾患という別の病気が引き起こされます。(自分の関節を攻撃すれば関節リウマチ、自分の血管を攻撃すれば血管炎、という具合です)

花粉に初めて出会った細胞はそれを異物か、無視するかを判断します。異物、という判断が下るとまずはリンパ球という白血球のメンバーがIgE(アイジーイーと呼びます)という小さなたんぱく、抗体を作り出します。このIgEは上述のMAST細胞の表面にくっつき、次に異物、敵(つまり今回の場合花粉)が来たらMAST細胞を盛大に活動させてやろう、と待機します。

そこに季節になり飛散した花粉が現れます。IgEにくっついた花粉は予定通りMAST細胞を刺激してかゆみや血管拡張を起こす物質を放出させます。それらの物質を介していろいろな反応が起こってくるわけです。

 

これから本格的に飛び始めるスギ花粉・・完全に花粉をシャットアウトすることはできませんが、メガネやマスク、帰宅時に洋服を部屋まで持ち込まない、などアレルギー原因物質に触れる機会を減らすことは有効です。また、投薬としては軽症の場合は抗ヒスタミン剤や点鼻薬、点眼薬で対応が可能ですし、より重度の場合はステロイド剤の使用も検討されます。さらに根本的な原因をブロックすることを目標に、少しづつ花粉そのものを体内に入れて(飲み薬)身体に”花粉が異物である”という認識を改めさせてしまおう!(脱感作療法)という治療も近年盛り上がっています。ただし、ひどいアレルギー反応がおこる可能性があったり、杉以外の花粉症には効果がないため、患者さん全員が適応になるわけではありません・・

今回は花粉症の原因、メカニズムをメインに記載しました。次回は治療についてより深く見ていきたいと思います。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ