ソージュ山下町内科クリニック

お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel.045-264-6590

ブログ

Blog

吐血~血を吐いた~

吐血 嘔吐したものに血液が混ざっていれば吐血です。咳をして痰が赤い、血液なら喀血です。ちょっとわかりづらいですね・・。血液の赤さには人を興奮させる作用があると思いますが、、吐いたものが赤ければ当然かなり動揺すると思います。病院で目の前で吐血の方を見ると医療者側も焦って心拍数があがります・・。何度も血を吐いてしまう、1回の吐血でも量が多いなら迷わず緊急の止血も可能な施設を受診する必要があります。一度の嘔吐で大量でなくても血液が混ざっているなら、1回は内科や消化器外科受診を検討してください。

吐血の原因、受診時のチェックリストを確認しておきましょう。

吐血の原因

先ほども書きましたが口から血が出てくるとしてもその出血源で吐血と喀血に分けることができます。喀血は呼吸器からの出血なので、根本的に原因が異なります。

吐血は読んで字のごとく嘔吐したものに血液成分が混ざっていることを指します。*血液量に明確な規定はありませんが、見た目で明らかに血液とわかる程度の血液の混入を吐血と称するとのことです。わかりづらい・・

なので、消化管のどこからかの出血が吐血の原因となるわけです。大抵は十二指腸までの出血が嘔吐に混入しうるため、例えば大腸でどんなに血が出ても吐血には至りません。

*舌を噛んだ血や鼻血を大量に飲み込んだ嘔吐が赤い→吐血ではありません。

 

出血部位ごとに原因を見てみましょう。

食道出血

食道静脈瘤;多くが救急搬送されて来る恐ろしい吐血の原因です。病院行った方がいいかな?と思っている余裕はないでしょう。肝臓の疾患があり、門脈という肝臓内の血管の圧力が高まると、食道部分の静脈がゴツゴツと太くなって静脈瘤を形成することがあります。ここからの出血は時に大出血を来し、命にかかわります。

 マロリーワイス症候群;誰かの名前だと思いますが、何度も何度も嘔吐を繰り返し食道の粘膜が切れてしまい吐血します。飲酒後の方に多いです。

 

胃からの出血

嘔吐すれば吐血、順当に下に流れていけば下血になります。出血の原因としては胃潰瘍や胃がんが挙げられますが、やはり動脈性にぴゅーぴゅー血が噴き出している場合が、あり、急激な血圧の低下を招くこともあります。血を吐きながら救急搬送されてくる方も何人も見ましたが・・大急ぎで胃カメラで止血を試みたり輸血が必要になったりします。

一方、出血してしばらく胃に滞留してから嘔吐した場合は血液そのものより、黒っぽい“コーヒー残渣様”と言われる状態になって吐かれる場合もあります。いづれにしても出血源の特定が必要になります。

 

十二指腸からの出血

胃からの出血と同じ、やはり吐血にも下血にもなりうる出血です。十二指腸潰瘍や腫瘍などの可能性があります。胃カメラでは十二指腸まで検査できることが多く、必要な場合は止血操作が行われます。

 

吐血した場合の対処法

*明らかに血液とわかる真っ赤な嘔吐があればたとえ夜間でも病院受診を検討したほうがいいでしょう

*血圧が下がったり、ぼーっとしてしまったり(意識障害)などあれば救急車を呼びましょう

*吐血かも?と思った場合は是非吐いたものをスマホで写真に収めて頂くと診療の助けになる場合があります。

 

チェックリスト

救急車が必要な場合はそちらを再優先してください。

少し余裕がある場合は以下の項目を確認していただくと受診がスムーズになります。

 

□いつから吐血が始まりましたか?

□どの程度の量を何回ぐらい吐いていますか?

□初めてですか?

□今までかかった病気はありますか?(既往歴)

□肝臓疾患を指摘されたことはありますか? 脂肪肝、肝硬変、肝がん、肝炎等

□今飲んでいる薬はありますか?

特に ロキソニンなど痛み止めやステロイド剤など胃を荒らす薬

血液サラサラの薬(アスピリン、プラビックス、ワーファリン、エリキュース等)

□アレルギーはありますか?

 

最後に

吐血、吐いたものが真っ赤だったら自分でもびっくりすると思います。落ち着いて対処できるのか心配でもあります。出血は時に命にかかわる重大な症状ですし、吐血を間違って肺側に吸い込んでしまえば窒息や肺炎のリスクとなります。

口の中を切ったとか鼻血を飲んだとか、明らかな出血がわかっており、すでに止血されている場合を除いて、吐いたものに目で見てわかる血液が混ざるなら、一度は受診が必要でしょう。受診科としては内科、消化器内科、消化器外科がいいでしょう。もちろん当院で相談をしていただくことも可能です。胃カメラが必要と判断すればすぐに他院紹介をします。

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ